物件の種類

マンション

新築物件には、主に二種類のタイプがあります。ひとつは建売住宅であって、これはすでに出来上がっている物件を購入することを指します。もう一つが、注文住宅というもので、これは更地に一から自分好みの住宅を建設することを指します。 両方にメリットとデメリットがありますが、一般的には注文住宅の方が理想的な新築物件を手に入れやすいとされています。なぜなら、間取りさえも自分の好きにコントロールができるからです。 注文住宅を利用したいのであれば、地域の工務店に相談に行くのが一番です。新築ですから、デザインや材料から相談をしていかなくてはならないのですが、手間に見合った結果が得られるのでおすすめです。新築ならさまざまな税制上の優遇を受けることも可能です。

結婚してしばらくはアパート等の賃貸で暮らす夫婦が多いと思いますが、賃貸物件はやはり借り物であるので、間取りも手狭で、設備も気に入ったものではない場合が多く、出産等で家族が増えた場合などは特に戸建て住宅への憧れは強まる事と思います。 その場合は、ローンを背負う事がネックになりますが、ローンを抑えるために新築よりは安価な中古戸建住宅を探すと言う手もあります。 しかし中古戸建住宅は気に入った物件と出会う確率は低いのが現状であり、尚且つ耐震性や断熱性等、物件が本当に安心なものであるのかの判断が難しいので、新築と違って安い分相応のリスクは覚悟しなければならないかもしれません。 その点、新築戸建て住宅は設計や建設等全て携わる事ができるので、価格は高くなりますが構造も間取りも設備も納得した上での買い物になるので利点が大きいと思います。 これらの事から、小さい子供をのびのびと育てるために相応しい戸建て住宅は、新築戸建て住宅といえるのではないでしょうか。